LCL

[第5週 振り返り] プレイフルな引用文


#22

そうですね!
何か意図していなかったことが起きた場合に、一緒に面白がってあげる「遊び心」が大切なんだと思います。
まわりにそういう大人や友達がいれば、子どもたちもまたいろいろいじってみようと思いますよね。


#23

この部分とても大切だと思いました。Lifelong Kindergartenのなかでよく「model」することの大切さに着いて話すのですが、失敗してもそこから学んで次に進める姿勢、失敗を学ぶチャンスとして捉える姿勢は、大人が一緒になってそれをやってみせること、modelとして見せてあげることがとても大事ですよね。

自分のものにできたというエピソードも素敵です。失敗か成功かも自分で決めていけることを体験するきかっけとしてもよかったのではないでしょうか。


#24

パターナーは構造やパターンに興味を示し、ブロックやパズルと遊ぶことを好みます。ドラマチストは物語や人同士のやりとりにより興味を示し、よく人形やぬいぐるみと遊びます。

「学習者がお互い違っていて良いと認めて良い」と考えることで、学習者の興味や情熱を削ぐことなく学習をサポートできると感じました。