LCL

[第4週 - 振り返り] 小さなグループで振り返ってみよう


#1

今週は、他のLCLメンバーとつながり、小さいグループで振り返りをしてみましょう。

  1. LCLコミュニティの誰か1人かそれ以上に連絡をしてみましょう
  • フォーラムで興味を持った人でも、興味が近しい人でも、あなたの近くや、逆に遠くに住んでいる人でもかまいません!
  1. 一緒にオンラインかオフラインで話してみましょう
  • スカイプやハングアウト、アンハングアウトをやってみたり、実際にどこか近くで会ってみてください
  • 次のようなトピックを話しあってみてください:ピアラーニングはあなたの仕事ではどのように起こっていますか?どんな難しさと可能性を感じていますか?お互いの体験からどんなことが学べると思いますか?他の人とインタラクトした体験について、振り返ってフォーラムで共有してください!
  1. 他の人とインタラクトした体験について、振り返ってフォーラムで共有してください!
  • 誰とどうやってつながりましたか?何をはなしましたか?会ってみてどんなことを感じましたか?

LCLコミュニティとつながるのをぜひ楽しんでみてください!


listed #2

#3

ピアウィークの振り返り、もし土曜日、日曜日、月曜日あたりに振り返りをしたい方はいませんか??

今週のアクティビティが小さなグループの振り返りなので、興味がある方は、こちらに都合のいい時間帯をなげてください!


#4

気づくの遅くなってすみません、今日日曜の夜どなたかオンラインで話してみますか?(^^)


#5

さらに遅くなりました。 今日行われる振り返りの 毎週の22時から23時の最中、もしくは前後はいかがでしょうか?


#6

@BeeTree さん @rinam さん 今日は一日ワークショップに駆り出されており、10時のアンハングアウトあたりの時間は参加できず、朝のアンハングアウトも おそらく参加できてテキストのみになってしまいます。もしほかの皆さんご予定会うようであればぜひつながってください!


#7

@rinamさん、気づきませんで失礼しました!
今なら話せますが・・・(^^;


#8

ピアウィークの振り返り、出遅れましたが、先週末CoderDojoで気づいたことを共有します。

子どもたちの発表タイムのとき、基本的には他の子は静かに聞いていて、進行役の私が一生懸命リアクションしていることが多いです。
先日の Scratchers MeetupTokyoのビデオを見返すと、このリアクションの量が全然違っていました。
娘が作品を紹介しているとき、場面が変わるたびに「おお~!」とたくさんの人たちが歓声をあげてくださっていました。
あの声は、作品を肯定して背中を押してくれる声なんだな、と思いました。

Scratchのオンラインの共有でも、「こんなレベルの作品じゃ公開できない」と思っている子がいます。まだ自信がない子に対して、共有の第一歩を踏み出すために背中を押してあげることも必要かもしれない、と思いました。


#9

とても興味深いです。私も、あのときの他の参加者からの歓声はもちろんのこと、質問をとおして「興味持ってるよ」という信号が交わされていたのがとっても印象的でした。

何がそうさせていたと思いますか?普段の発表タイムで他の子たちが静かにきいていたのに、ミートアップでみんなからの反応があったのはどういう違いが影響していたと思いますか?気になります。


#10

もちろん、あの時のScratcherのみなさんがすばらしくて、興味をもって発表に向き合っていた、というのは大きいですが、ビデオを見返したら、最初のほうはまだ固い雰囲気でした。
話している子の緊張が見ているほうにも伝わっていたのでしょうか。
途中から雰囲気が変わったのは、一つにはBGMが入ったことかもしれません。
あとは、話している本人がリラックスしていたせいもあるかも?(娘に聞いたら、緊張していなかったそうです。)

これを見て、次回のCoderDojoで試そうと思ったのは、発表タイムに移るとき、メンターが限りなく低い床で遊ぶプロジェクトを披露して、「こんなのでもいいんだ」と発表する子がリラックスできる雰囲気を作ることですね。
あとは、どうしても目の前にPCがあるといじってしまって発表に集中できない子がいるので、みんなをPCから離してスクリーンの前に集めるのもいいかもしれないと思いました。


#11

CoderDojoで発表タイムに子どもたちを発表者の前に集める、というのをやってみたところ、効果ありました!
発表者のデモへのリアクションもいつもより活発で、みんな口々に自分の意見をおしゃべりしてくれました。
発表者側とのやりとりもいつもより気軽にできているようでした。
じっくり意見交換する時間がなかったのが本当に残念でした!